記事一覧

「トワイライトエクスプレス」とは

ファイル 2-2.jpg
(2009/11/11撮影)

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)が企画・運行している豪華寝台列車。
1989年7月21日より団体専用列車として運転を開始。1編成しか用意されていなかったため、団体専用列車としてデビューしたため、時刻表に掲載されていない列車として、鉄道ファンの間で話題を呼んだ。

運行開始当初は、現在の2号車は連結されておらず、電源車を含め9両編成であった。

同年12月2日より、2編成による運用で、臨時列車として運転を開始。晴れて時刻表にも掲載され、一般にも寝台券の発売を開始、乗車機会を得ることとなった。
運転日は大阪発月・水・金・土。札幌発火・木・土・日の週4往復。

1990年3月10日のダイヤ改正より、列車番号が、下り"8001"上り"8002"へ変更となる。

1990年7月20日の下り列車より、現在の2号車が増結される。
これにより、現在運用されている編成が完成。現在に至る。

1991年4月26日より、第3編成の運用が開始され、繁忙期毎日運転が可能となる。
現在でも、運転していない日は、団体専用列車として運転している日が多いので、3編成全てが運用についていることが多い。

2001年から2002年にかけて、内外装をリニューアル。内装は木目調の室内となる。外装は黄色のラインの上下にシルバーのラインが入る。

2004年10月23日から2004年11月28日まで、新潟県中越地震の影響により運休となる。

2005年12月25日から2006年1月19日まで、JR羽越本線脱線事故の影響により運休となる。

2006年3月18日より、青森駅構内の夜間集中線路工事のため、青森駅での機関車交換を取りやめ、青森信号場(奥羽貨物線)での機関車交換に変更。
運転士・車掌の交替も青森駅から蟹田駅に変更。
これにより、4号車「サロン・デュ・ノール」でのJR北海道の車掌による青函トンネルの様々な案内の時間が無くなる。

2006年7月13日から8月8日まで、羽越本線小岩川駅~あつみ温泉駅間の土砂崩れにより運休となる。

2007年3月18日より、大阪駅工事の影響で、上り列車の大阪発の時間が12時3分に変更される。

2007年7月16日から9月13日まで、新潟県中越沖地震の影響により運休となる。

2008年3月15日より、青函トンネルの北海道新幹線建設工事の本格化に伴い、下り列車の所要時間が延びる。上り列車については変更なし。